ビットコインを利用するメリット

  • ビットコインを利用するメリット

    2017年2月13日 By miningcity 0 comments ,  

    国や企業が関与しない、一般の通貨の常識を破っているビットコイン。
    には、次のようなメリットがあります。
    1. 個人間の直接送金が可能であること
    2. 手数料が無料、かかっても格安であること
    3. 制限が存在しないであること

    マイニングシティについて←詳しくはこちら

    1. 個人間での直接送金が可能

    個人間で送金を行ないたい場合、一般的には銀行などを仲介しなければなりません。反対に、ビットコインはどこの企業からも管理されていないので、直接財布からお金を手渡しするように、相手に直接送金することができます。

    2. 手数料が無料、もしくは格安

    ビットコインは、直接送金ができる仕組みを持っている為、今までの手数料という概念がありません。ビットコインで送金を行なう場合、銀行など間に入る仲介者が存在せず、直接送金することができるため、手数料が無料、もしくは格安ですることができます。銀行などを利用して少額の支払いをする場合、商品代金よりも手数料の方が高くついた、ということがよくあります。このおかげで、海外送金の際も、比較的手数料が安くすむことになります。

    3. 制限や面倒な手続きがない

    ある特定の国や企業が関与していない為、利用制限が設定されているわけではなく、決済時の面倒な手続きなどもありません。従来の通貨では叶えられなかった、より自由な経済の流通が実現します。各々の国で価値が変わるということがないので、換金なしで、全世界で使うことができます。すでにビットコインで決済できるお店は世界中にありますが、対応できるお店が増加してきており、更にそのようなお店が一般的なものになれば、世界中のあらゆるお店を同じ通貨で利用できるようになります。

    ・ビットコインとウォレット

    紙幣や通貨がないビットコインはどこに保存されるのでしょうか。
    それは、ウォレット(財布)と呼ばれる場所に保存されます。

    ウォレットとは

    円やドルの通貨は、個別の銀行口座に預けるものですよね。ビットコインを利用する全ての人は、そのような感覚で個別のウォレットを持つ必要があり、管理や決済はすべてそのウォレットで行います。

    ウォレットは、メールアドレスのように個別に割り振られた、長い文字列のIDを持っており、そのIDはそれぞれが唯一無二のものです。
    ただ、ビットコインを実際利用する際は、長い文字列のIDをすべて覚えている必要はなく、短く短縮されたコードを利用したり、QRコードに変換してスマートフォンで読み取るなどの方法で個人間の送金を行ないます。

    ・現在におけるビットコインの課題

    ビットコインの課題は、その普及率です。

    ビットコインはひとつの通貨ですから、買う側も売る側も双方がその通貨に対応していなければ、取引が成立しません。
    少しずつビットコインに対応できるお店などが増えてきてはいますが、新しい通貨として歩みだしたばかりのビットコインにとって、普及率の増加は大きな課題となっています。

To Top