ビットコインと電子マネーの違いは?

  • ビットコインと電子マネーの違いは?

    2017年2月14日 By miningcity 0 comments ,  

    電子マネーについて

    「紙幣や硬貨を持たずに買い物ができる」と聞くと、思い浮かぶのは電子マネーかもしれません。コンビニで買い物をするときや、電車に乗るときに利用できる非接触型の決済方法や、オンラインで決済を実行するなど、紙幣や硬貨を使わずに、電子的に決済を実現できる仕組みが、電子マネーです。

    電子マネーはその利便性から、多くの場所で利用することができ、日常生活で欠かせない存在となっています。
    ビットコインは紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨なので、電子マネーとして利用することもできます。

    マイニングシティについて←詳しくはこちら

    ビットコインと電子マネーの違いとは

    ビットコインは電子マネーとして利用できるといっても、全く同じものではありません。

    電子マネーの場合

    基本的に電子マネーは、買い物やサービスを受ける際、一般的に利用されている通貨(日本では円、アメリカではドル)で電子的に決済を行うための仕組みです。

    例えば、コンビニでICカードやスマートフォンを利用して非接触型の決済を行う場合も、それぞれの端末に前もって入金(チャージ)しておくか、特定の銀行口座から引き落とされることで決済が完了します。つまり、実際に紙幣や硬貨を使わずに決済が行われていても、円やドルといった通貨が電子的に決済されているだけなのです。

    ビットコインの場合

    ビットコインは、それ自体が通貨なので、ビットコインに円やドルをチャージして使うものではありません。
    ビットコインを使って買い物をしたり、サービスを受ける場合は、まず自分が持っている円やドルなどの通貨を、ビットコインという通貨に換金する必要があります。

    例えば、アメリカに海外旅行に行った際、円という通貨で物を購入できませんよね?現地で使える通貨にするために、円をドルに両替する。ビットコインの換金も、それに近いです。
    ビットコインに両替した後の支払いの方法は、電子マネーと変わりありません。ビットコインでの支払いに対応しているお店などで、パソコンやスマートフォンを利用して電子的に決済を完了させます。

    ビットコインは仮想通貨。電子マネーは通貨を利用した電子決済の仕組み。
    似ているようですが、全く同じものではありません。

To Top