ビットコインの歴史 ~誕生から初決済まで~

  • ビットコインの歴史 ~誕生から初決済まで~

    2017年2月10日 By miningcity 0 comments ,  ,  

    ビットコインが生まれた経緯

    ビットコインは、2008年10月にインターネット上に投稿された論文で、中本哲史(Nakamoto Satoshi)と名乗る人物により提唱されました。
    論文が投稿されてから、約3ヶ月後にはビットコインの理論を現実のものとするためのソフトウェアの開発がオープンソースで行われ、2009年1月に公開されました。当時の開発者を含め、当時からビットコインを所有している人達は、いまでは莫大な価値があるビットコインを保有していると言われています。
    その後すぐ、ビットコインを仮想通貨として、最初の取引が行われます。

    最初の取引はピザ

    ビットコインを利用した最初の取引は、1万ビットコインとピザ2枚だったと言われています。
    この取引が成立した5月22日は「ビットコインピザの日(Bitcoin Pizza Day)」と称され、あるピザ屋さんではビットコインを利用した客を対象とした割引サービスもあるとか・・・。

    社会で受け入れられつつあるビットコイン

    最初の取引から約1年が経過した2010年2月に、ビットコインの両替に対応する最初の取引所が誕生し、同じ年の5月には、現実社会ではじめて、ビットコインを利用した決済が行われています。
    誕生してから8年ほど経つビットコインは、徐々に名を知らしめている途中です。そして同時に、これからのビットコインの未来に期待する人々も増やし続けています。

    マイニングシティについて←詳しくはこちら

To Top