仮想通貨とは?仕組みを支えるブロックチェーンを解説

仮想通貨とは?仕組みを支えるブロックチェーンを解説

仮想通貨とは何なのか?

「仮想通貨」は「インターネット上にのみ存在しているお金」です。
「仮想」という言葉から、現実的ではないイメージがありますが、インターネット上に存在し、実際に「お金」として流通しています。

今までの仮想通貨とビットコインなどの仮想通貨の違い

日本ではビットコインなどは「仮想通貨」として広く知れ渡っていますが、「仮想通貨」という言葉にはもう少し広い意味があります。
例えば特定のゲーム内などで使用されるポイントのようなものも、仮想通貨という言葉で呼ばれることがあります。

ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)は、世界では「クリプトカレンシー」つまり、「暗号通貨」と呼ばれています。
ブロックチェーンという暗号技術によって生まれた通貨を指します。

今話題になっている「仮想通貨」はこの「暗号通貨」を表しています。
日本では「仮想通貨」という言葉が定着しているため、当サイトでもビットコインなどを「仮想通貨」と表現します。

今までの通貨と仮想通貨の違いは?

今までの通貨「円・ドル」には「紙幣・硬貨」といった「実物のもの」がありましたが、仮想通貨には実物のコインなどはありません。
インターネット上にのみ存在し、すべての取引はネット上で完結します。

そして最も大きな違いは、『管理主体がない』ということ。
「円・ドル」といった今までの通貨には、管理主体があります。
今までの通貨は国、政府、中央銀行という一つの管理主体が発行したり、管理しています。

仮想通貨(ビットコイン)には管理主体がありません。
ビットコインの取引や発行を管理している組織がないのです。
今までお金を管理するために必要だった中央集権という考え方をやめて、関わる人達全員が管理していく、という考え方です。

この考え方を実際に実現させたのが「ブロックチェーン」というプログラミング技術なのです。

このブロックチェーンという技術はビットコインの誕生と共にこの世界に生まれてきました。

⇒「ビットコインの特徴をまとめた記事はコチラ

仮想通貨を支えるブロックチェーンとは?

仮想通貨(ビットコイン)には管理主体がないのに、なぜ「お金」として信頼され、成り立っているのでしょうか。
どのように管理されているのでしょうか。

このすべてを支えるのは「ブロックチェーン」という、今までは存在していなかった新しいプログラミング技術です。

ここからは仮想通貨を支える「ブロックチェーン」を解説します。
これは新しいプログラミング技術なので、中身は非常に難しい。
ですから、管理方法のイメージを捉えるようにしてください。

ブロックチェーンは全く新しい管理・記帳方法

ブロックチェーンという新しいプログラミング技術は、中央集権という考え方をやめ、関わる人達全員が管理者という考え方から生まれてきました。

ブロックチェーンは「公開された分散台帳」と呼ばれます。
この言葉には2つのポイントがあります。
「公開されている」という点と
「分散して記帳されている」という点です。

全ての取引はインターネット上に公開されている

まず1点目として、「公開されている」という点です。
仮想通貨(ビットコイン)の取引のすべては、インターネット上に公開されています。
誰もがその取引を確認することができ、どこからどこにどれくらいのお金が送られたのか。

そしてそのお金がいつ発行され、どのような経緯で自分の手元にあるのかは、すべて記帳されており、すべての人が確認することができます。

台帳は無数のコンピュータに分散して記帳されている

世界中には、ビットコインの取引を記帳するコンピュータが無数に存在し、この記帳する作業には誰もが参加できます。

記帳作業に参加しているコンピュータすべてに最新の取引データが記帳されていきます。
記帳作業に参加することで報酬が得られる為、この作業をするコンピュータの台数は増え続けています。

ブロックチェーンは「不正・改ざんができない」

この新しい管理・記帳方法であるブロックチェーンが一体何をもたらしたのか。という点が最も重要な部分です。

それは「不正や改ざんが一切できない仕組み」です。

記帳作業に参加するコンピュータは世界中に存在し、その数は増え続けています。
それぞれに最新の「取引台帳」が記帳されているため一部のコンピュータがハッキングされたり壊れたりしても「正しい取引台帳」は残る仕組みです。

ブロックチェーンで構築されたビットコインの台帳を改ざんするには、世界中に無数に存在するそれらのコンピュータを一度にハッキングする必要があり、事実上、ハッキングは不可能と言われています。

仮想通貨はブロックチェーン技術により成り立つ

ビットコインを始めとした仮想通貨は、このブロックチェーンという新しいプログラミング技術により支えられており、存在しています。

この「不正・改ざんができない」という新しい管理方法が「お金」として信頼できる理由となっています。

そして、ブロックチェーンに対する信頼があるからこそ、お金としての「価値」が守られているのです。

→「仮想通貨を増やす方法についてはこちら