マイニングシティって詐欺なの?信頼性は本当に大丈夫?

マイニングシティって詐欺なの?本当に大丈夫?

インターネットで「マイニングシティ」と検索すると、実に様々な記事が出てきます。
マイニングシティは詐欺」や「マイニングシティは絶対に儲かる」など、
良い記事も悪い記事も、どちらも偏った個人的な見解で書かれているものが目立ちます。
そのような不確かな情報だけで判断することは、非常に危険なことだと言えます。

ここでは、マイニングシティが詐欺かどうかを見極めるための情報をお伝えいたします。

マイニングシティについて←初めての方はこちら

マイニングシティが詐欺ではない理由を検証

マイニングシティはマイニングに参加する会員を募っていますが、詐欺かどうかを見極める際に重要なのは、「実際にマイニングをしているのか?」そして「マイニングプールを強化していくための体制をしかりと取っているか?」という点です。

マイニング実績はビットコインの仕組み上、不正ができない

まずは、マイニングシティという組織が、実際にマイニングをしているのか?という点ですが、下記のサイトをご覧ください。

ビットコインボルト エクスプローラー

このサイトは、ビットコインボルトのマイニング状況や取引に関する承認状況などを確認できるサイトです。

ビットコインはブロックチェーンという仕組みの上で成り立っており、マイニング実績を含めたすべての取引データは改ざんなどの不正ができないようになっています。

ここには、世界中にあるビットコインボルトのマイニングプールが、それぞれいつ、どれだけのビットコインをマイニングしたかの記録が記載されています。

そしてこの記録は、ほぼリアルタイムの情報として更新されていきます。
「マイニングシティ(Mining City)」は、安定したマイニング実績を保っています。

このように、「マイニングシティ(MiningCity)」はウェブ上で、誰もがマイニング実績を確認できる組織であることが分かります。

進化し続けるマイニングシティのマイニング施設

実際にどのような施設、環境でマイニングが行われているのでしょうか。
マイニングシティは、カザフスタンに大型のマイニングプールを持っています。

マイニングシティで集められた資金は、よりマイニング規模を拡大させるために使われています。

仮想通貨ビットコインの存在は『仮想』ではない。

そもそも、ビットコインなどの仮想通貨は実際に存在し、既に取引や決済の利用実績が世界中にある為、仮想通貨の存在自体は、詐欺ではありません。

『仮想』という言葉から連想されるような架空のものではなく、実際に国もその存在を認め、正式な決済の手段として法整備が進んでいます。
『仮想通貨』という言葉は、日本だけで定着した言い方であり、本来は『暗号通貨(crypto-currency)』と呼ばれています。

世の中にある仮想通貨の時価総額ランキングは下記のページで確認することができます。
http://coinmarketcap.com/all/views/all/
このサイトは、第三者機関により運営されている為、客観的な情報として捉えることができます。

問題となってくるのは、ビットコインをはじめとする仮想通貨を切り口とした、投資詐欺というものは実際に存在するという事実です。
例えば、「ビットコインのマイニングに参加すれば、毎月莫大なリターンがある」と謳い投資金を集めておきながら、実際にはマイニングは一切せず、お金を騙し取られるといった詐欺案件があります。

【まとめ】マイニングシティは詐欺か?

マイニングシティが詐欺かどうかを見極める際に必要なポイントをおさらいしましょう。

ビットコインボルト自体は実際に存在し、既に取引や決済で利用されている。
・ビットコインボルトのマイニング実績を、第三者機関を通して確認できる。
・集められた資金は、マイニングプールの拡大とマイニングマシンの高性能化に使われている。

上記の点はすべて第三者機関、若しくは、外部からの情報として確認することができます。
マイニングシティが詐欺ではなく、非常に魅力のある投資であることをご理解いただけたでしょうか。

当サイトからマイニングシティに登録した方は無料でサポートいたします。

マイニングシティへの送金など、手続きをするにあたって不安な方は、お気軽にお問合わせください。

但し、無料でサポートできるのは、当サイトからマイニングシティに登録した方のみに限定させていただいております。

有料でのサポートも承りますので、必要な方は下記の問い合わせフォームよりお問合わせください。